万年筆と紙

ボールペンのペン先の太さの種類がたくさんあるように、

万年筆にも極細、細字、中字、太字、細軟、

極太など、たくさんのペン先の太さがあります。

宛名書きには太字、手紙には中字、手帳には細字や極細と

用途によって使い分けたりできます。

インクも黒やブルーだけでなく、様々な色が各メーカーから

発売されているので、自分の好きなペン先と色を使って

楽しむ事ができるんです♪

そして筆記にかかせないのが、紙です!!

下の画像はLITERO(リテロ)に書いてみた筆記線です!

↑LITERO rough

画用紙のように厚紙でまるでスケッチブックに

書いているような感触です。ずっしりとした書き心地です。

↑LITERO natural

滑り過ぎず重すぎず、ストレスなくヌラヌラ~と

文字が書けるのが特徴です。

↑LITERO smooth

細字の万年筆でもサラサラ~と力まずに

書けるのが特徴で滑り心地の良さがクセになります。

 

というように、同じ万年筆、同じペン先、同じインクを

使っていても、画像のように筆記線の出方に差が出たり、

書き心地が違ったりするのです。

万年筆で書くことを考えて作られたノートや便箋が

数多く取り揃えられています!

試筆もできますので、書き心地の違いをぜひご体感ください♪

 

特集:スタッフいちおし
PAGE TOP